www.familyinstituteaptos.com
民事再生という方法はマンション等のローンを含め多重債務に困っている方々に対して、住宅を手放さずに金銭面で再建するための法による謝金の整理の方法として平成12年11月に適用された手段です。この法律には、破産申告と違って免責不許可事由がないので、投機などで借金がふくらんだような場合も民事再生手続きは問題ありませんし、破産申告をすることで業務の停止になりかねない立場で給与を得ている場合等でも制度の利用ができます。破産宣告では住んでいる家を手元に残すことは許されませんし任意整理や特定調停などでも、借金した元金は返済していくことが求められますので、住宅ローンなども支払いながら返済をしていくことは実際のところ困難だと思われます。ただし、民事再生による処理を選ぶことができれば、住宅のローンを別とした借入は多くのお金を減ずることも可能なためマンション等のローンを払い続けながら残りの負債を払っていくことが可能といえます。民事再生という手段は任意整理や特定調停などと違い一定の借金を除外扱いして処理を行うことは無理ですし、破産の場合のように元金それ自体なくなるのでもありません。くわえて、他の整理方法に比べて処理がこみいっていて手間もかかりますので、住宅ローンなどを持っていて住居を手放したくない状況等を除外して破産申告などそれ以外の整理方法がない場合の限定的な手続きとみなした方がいいと思います。